• 印刷する

キリン、合弁相手の疑惑解明に至らず

キリンホールディングス(HD)は7日、ミャンマー合弁会社2社からの収益を、パートナーが軍事目的で使用していたとの疑惑について、調査の結果、「確定的な結論に至らなかった」と発表した。今後は、パートナーである国軍系複合企業のミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)との協議を続け、進捗(しんちょく)を4月末までに発表する。

キリンHDとMEHLは合弁で、現地ビール大手のミャンマー・ブルワリー(MBL)とマンダレー・ブルワリー(MDL)を経営している。キリンHDによれば、2社からの収益を軍事目的に使用しないことは、MEHLとの「合弁契約の根幹」をなす条件。だが、国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)によれば、MEHLは、株主である国軍への配当に、2社の収益を原資としていた疑いがある。国軍は、西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害で、国際的批判にさらされている。

キリンHDは、合弁事業の収益の使途を明らかにするため、デロイト・トーマツ・ファイナンシャル・アドバイザリーを起用して独立調査を実施した。MEHLの財務やガバナンス体制を調査したが、秘匿性がある一部情報の開示を受けることができなかったため、収益の使途を確定的に判断することができなかった。

今後は調査に一区切りを付け、合弁事業のあり方についてMEHLと協議を続ける。一連の疑惑を受け、キリンHDは、MEHLとの合弁事業の持分所有の見直しも検討している。

収益の使途の問題のほか、新型コロナウイルスによるビール市場の冷え込みもあり、MBLとMDLは「事業環境の見通しが著しく不透明」な状況にある。このため2社は、キリンHDとMEHLへの配当金の支払いを既に停止している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 食品・飲料政治

その他記事

すべての文頭を開く

NLD代表委、公務員にCDM参加呼びかけ(16:00)

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化(14:14)

外国商議所、軍政代表らとの面会を拒否(13:31)

新規感染16人、検査は1600件どまり=4日夜(13:28)

シンガ外務省、ミャンマーへの渡航中止勧告(12:58)

シンガ金融庁、ミャンマー関連で注意喚起(11:49)

国軍がドル資産にアクセス、米連銀が阻止(11:48)

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化(09:15)

国軍包囲網築けず、対立激化 死者50人超、都市部は小売店閉鎖(03/05)

デモ38人死亡、クーデター後最多に(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン