電動車普及策、二輪では効果小さく

インドの電気自動車(EV)業界団体、電気自動車製造業者協会(SMEV)は、6日に出した声明を通じて、政府によるエコカー購入支援制度は電動二輪車の販売に対する効果が小さいと指摘した。2022年3月末までの3年間で100万台の販売を目指しているが、現時点では3万台強にとど…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ、南部工場のスト収束を宣言(19:12)

テイクオフ:多様な国民の需要に合わ…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

タタEVへの補助金停止 デリー政府が決定、航続距離懸念(03/03)

2月の二輪販売、前年比で6社がプラス成長(03/03)

工具ビルラプレシジョン、ドリルの生産強化(03/03)

バーラト石油、アッサム製油所の全株売却(03/03)

ドバイ企業、西部州に貨物コンテナ工場設置(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン