【タイ政治社会の潮流】揺らぎ始めた「ラック・タイ」

第341回 仏暦2564年(西暦2021年)を迎え、例年になくすっきりしない気分である。頭のどこかに常に重しがあるような気持ちがしてならない。感染拡大が続いているコロナ禍のせいもあろうが、昨年から「過渡期」に入ったタイ国の今年の動向を考え始めると、これまでにない「国家社会…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

車部品決算、20年は4割減益 全14社が減収、コロナで生産低迷(03/05)

シェルとBMW、共同でEV充電サービス(03/05)

タイ製タイヤにAD関税適用せず、財務省(03/05)

米EVLOMO、タイのEV充電市場に進出(03/05)

日通商事、東部に新たな物流センターを開設(03/05)

米フォード、約2500 台をリコール(03/05)

フレイザーズ、越南部で工業団地開発を計画(03/05)

バンコク郊外の「森の街」、予約ペース加速(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン