• 印刷する

豪のCBDオフィス需要減、金融機関が注視

オーストラリアの金融機関は、ニューサウスウェールズ州やビクトリア州で新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることを受け、在宅勤務の長期化にともなう需要低下が予想されることから、オフィスなど商業用不動産の市場状況を注視しているもようだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の企業・個人取引部門のアーバイン部長は、中央商業地区(CBD)の商業用不動産の市況について、中長期ではAグレードオフィスが常に高い需要があるが、短期ではそれ以下のグレードオフィスの需要が低迷する可能性があると指摘した。

ウエストパック銀行の企業取引部門のリマ最高経営責任者(CEO)は、シドニー西部のパラマタでオフィスの需要が急増し、市場に構造的な変化が見られると分析。労働者の居住地から近い場所にオフィスを構え、CBDから離れる傾向がみられるとして、長期的な変化に注目しているという。

一方、CBDのオフィス需要の低下が予想されるなか、オンラインショッピングの加速を背景に倉庫、流通センター、産業施設などの需要が大きな伸びを示しているという。リマCEOは、市場は徐々に回復しているとの見方を示し、同銀としては「非常に楽観的」であり、ポートフォリオに対する自信も増していると述べた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーのオリンピック…(10/07)

豪の最高税率適用者、10年で倍増 30年までに100万人突破も(10/07)

〔政治スポットライト〕岸田首相、10月下旬に豪訪問で調整(10/07)

豪の人材不足職種、前年から倍増(10/07)

卒業生ビザ拡大で人材不足解消を=商工会議所(10/07)

豪若者、高学歴も収入に見合わず?=報告(10/07)

豪8月貿易黒字が縮小、世界経済減速が圧力に(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン