• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでは最近、…

インドネシアでは最近、蜂蜜が健康食品として注目されている。ミツバチの花粉には、タンパク質、糖質、アミノ酸、脂肪酸や、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富だからだ。前から蜂蜜は食べられていたが、主に年配者が好む食べ物だった。

それが、コロナ禍による健康意識の高まりとともに、若い年齢層にも広まりつつある。15~35歳くらいの人たちが、継続して愛用するようになった。商品の容量は250グラム程度から、大きいものでは1キロのものまで。価格は20万~80万ルピア(約1,400~5,800円)とさまざまだ。

友人に勧められて、自分も試してみた。価格は安いとは言えない。けれど、味は甘くておいしい。最初は乗り気ではなかったが、今ではより大きなサイズのものを買いたいとすら思うようになった。もちろん、流行に乗るためではない。健康のために続けたい。(ア)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EUがWTOにパネル要請、ニッケル禁輸で(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

新規感染者1万1557人、2日連続で最多更新(01/15)

産業相の製造業成長率予測、専門家は疑問視(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

ワクチンで経済正常化、専門家は慎重な見方(01/15)

バリ空港の年末年始利用客数、前年比83%減(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン