• 印刷する

ゴム手袋の「品薄」逆手に詐欺行為が横行

マレーシアゴム手袋生産者協会(MARGMA)は22日、ゴム手袋の供給不足が2022年第1四半期(1~3月)まで続く見通しを示した。このため、新規顧客向けの在庫を保有しているなどと説明する企業には、詐欺行為の疑いがあるとして、バイヤーに注意を呼び掛けた。

スプラマニアム・シャンムガム会長によると、現在、同協会加盟企業への発注から納品まで6~8カ月以上を要している。このような状況下で、納品可能と偽った詐欺行為が散見され、同協会は今年6月以降、断続的に警告を発するとともに、関係機関と連絡を取り、当局が取り締まりを実施してきた。そうした取り組みにもかかわらず、購入者がオンライン取引で商品を受け取れなかったり、欠陥品が届いたりして、商品代金をだまし取られるケースが相次いでいるという。

同協会によると、詐欺の主な手口は、▽代理業者やメーカーから割当枠を獲得しているとかたる▽倉庫に在庫があるように見せかける▽将来の注文を確定させるために保証金の前払いを要求する▽品質の虚偽提示▽欠陥品の発送▽メーカーのブランドを無断使用した包装――などだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務による運動不足…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

ドンキ1号店、19日開業 首都の商業施設「ロット10」で(03/08)

RM1=26.6円、$1=4.07RM(5日)(03/08)

エアアジア、ドローン配送で政府機関と提携(03/08)

首都空港、民間の新型コロナ検査導入へ(03/08)

国営電力テナガ、越の太陽光発電に参入(03/08)

サラワク電力、ペトロナスと電力供給契約(03/08)

マレーシアから電力輸入、試験事業を公募(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン