• 印刷する

ダンキンドーナツ、コロナ対策奏功し増益へ

タイで米ドーナツチェーン「ダンキンドーナツ」を運営するゴールデン・ドーナツ(タイランド)は、今年の純利益が前年比で30%以上拡大するとの見通しを示した。新型コロナウイルス感染症の流行で売上高は約10%減少するが、コロナ対策を進めたことが奏功しているという。22日付プーチャッカーンが報じた。

ダンキンドーナツの今年の店舗増設・販促費は7,000万~8,000万バーツ(約2億3,960万~2億7,400万円)。通常店を30カ所以上増設したほか、既存店20カ所以上を改装した。またコロナ対策として移動販売車両「フードトラック」4台とキオスク10店を開設し、これが減収の歯止めと運営コストの削減につながった。一方、不採算店15~18カ所は閉鎖し、現在の店舗数(フードトラック・キオスクは除く)は296カ所となっている。

来年も今年同様7,000万~8,000万バーツを投じ、通常店を60カ所以上増設するとともに、フードトラックとキオスクの出店も継続する。

タイのドーナツ市場は33億バーツ規模。ダンキンのシェアは32%で国内2位となっている。


関連国・地域: タイ米国
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染63人、連休前に注意喚起(25日)(02/25)

食品向け紙容器の規格、8月に義務化見通し(02/25)

倉庫公団、冷温倉庫開発で民間4団体と覚書(02/25)

今年のEC市場は2.2億ドルに、新規参入も(02/26)

1月の生産者物価0.1%低下、下落幅は縮小(02/26)

テイクオフ:「世界の新規感染者が目…(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン