開通の高速道路、ファーウェイがIT化支援

中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が、ラオスの首都ビエンチャンとビエンチャン県バンビエンを結ぶ高速道路のIT化を支援していることが分かった。高速道路は20日に開通したばかり。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が22日伝えた。 ファーウェイは雲南省の企業と提携…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

新国会議事堂が近く完工、次期国会から使用(03/05)

コロナワクチン、今月から15万人に接種へ(03/04)

タイとの国境貿易額、20年は9%減(03/04)

ラオス入国、コロナ対応保険の加入義務化(03/02)

南部県のタイ国境検問所、建設再開へ(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン