• 印刷する

PVガス、南部のLNGタンク屋根上げ完了

PVガスは、南部バリアブンタウ省チーバイのLNGタンクの屋根上げが完了したと発表した(同社提供)

PVガスは、南部バリアブンタウ省チーバイのLNGタンクの屋根上げが完了したと発表した(同社提供)

国営ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)傘下のペトロベトナムガス(PVガス)は15日、南部バリアブンタウ省のチーバイ液化天然ガス(LNG)貯蔵施設で、LNGタンクの屋根上げ工事を施工したと発表した。完成までの折り返し点となる。

第1期では、貯蔵能力100万トンのタンクを建設している。気密性の高いフルコンテインメント構造で、内槽は低温に耐える鋼鉄製、ドーム型屋根を持つ外槽は主にコンクリート製。

第1期は総投資額2億8,500万米ドル(約293億円)で、2019年10月に着工された。引き続き関連施設を整備し、22年に完成する。日本や韓国、英国の業者が工事を請け負い、国内で最も近代的なLNG貯蔵施設になるという。

施設は輸入したLNGを一時貯蔵し、ドンナイ省のニョンチャック第3、第4ガス火力発電所や南東部の各企業に供給する。貯蔵能力300万トンの第2期は23年の完成を目指している。


関連国・地域: 韓国ベトナム日本欧州
関連業種: 建設・不動産天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

定期航空便、再開めど立たず 新型コロナ下の日越往来(上)(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

新型コロナワクチン、8日から接種開始(03/08)

FII、中国河南省周口に新工場設置へ(03/08)

週末の市中感染は計13人、ハイズオン省で(03/08)

ラックフエン港、第5、第6埠頭の建設承認(03/08)

越航空業協会、政府に約12億ドルの融資要請(03/08)

国営電力テナガ、越の太陽光発電に参入(03/08)

20年の輸入差し止め26%増、コロナで通販(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン