• 印刷する

富士フイルム、越でコロナ検査キット生産へ

富士フイルムは17日、新型コロナウイルスに感染しているか判定する抗原検査キットの製造に向けて、ベトナム拠点の設備を増強すると発表した。月産200万個の生産体制を構築し、欧州など世界各地への輸出を目指す。

投資額は明らかにしていない。来年から2022年度にかけて、ベトナム南部ビンズオン省にある生産拠点フジフイルム・ユウワに設備投資を行う。生産開始は未定だが、体制が整い次第開始する。

抗原検査キットは、鼻の粘液を採取してプレート状の検査キットに垂らし、ウイルスを検出すると色付きの線が浮かぶ仕組み。ウイルス量が少なくても判別しやすい技術を活用している。抗原検査は、一般的なPCR法に比べると精度は低いものの、検査が迅速かつ簡単なため、空港やイベント会場などでの利用拡大が予想される。日本では国の審査機関である独立行政法人の医薬品医療機器総合機構に製造販売の承認を申請しており、当初は神奈川工場足柄サイト(神奈川県南足柄市)で生産する。

富士フイルムのベトナム拠点の増強は、日本貿易振興機構(ジェトロ)の第3回「海外サプライチェーン多元化等支援事業」の支援対象に選定されている。同事業は、東南アジア地域を中心とした海外生産拠点の多元化を目的に、経済産業省が日ASEAN(東南アジア諸国連合)経済産業協力委員会(AMEICC)を通じて、日本企業の現地での設備導入などを支援するものだ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染、10省市で14日間出ず 各地で行動制限を緩和も残る不安(03/01)

2月の輸出、4.7%減の200億ドル(03/01)

2月のCPI上昇率0.70%、前月より加速(03/01)

2月の鉱工業生産指数、7%低下(03/01)

ハイフォン市、向こう5年で橋100本建設へ(03/01)

CEN、不動産取得に1.3兆ドン借入れへ(03/01)

伊の資源大手、クアンチ省でガス施設検討中(03/01)

イオン、中部フエ省とモール開発で覚書(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン