• 印刷する

【20年の10大ニュース】コロナ禍とデモ、社会に変革

タイの上半期(1~6月)は、新型コロナウイルス感染症対策に伴う経済・社会活動制限の影響を受けて新常態への移行が進み、コロナの流行がいったん収まった下半期は、王室改革を含む反体制デモが先鋭化したため、社会が大きく変化する異例の年となった。タイでは1月中旬に中国国外では初となる新型コロナウイルスの感染者が確認され、3月中旬に第1波が到来すると、政府が非常事態宣言を発令した。商業施設の営業規制や、外国人の入国規制、タイ人帰国者の徹底した隔離を行い、5月下旬には市中感染を抑え込んだ。ただ、経済的な打撃は大きく、国内総生産(GDP)が四半期ベースで22年ぶりに2桁マイナスとなり、国営タイ国際航空も経営破綻。12月中旬にはクラスター(感染者集団)が発生し再び感染が拡大している。一方、コロナがいったん収束した8月以降は反体制デモが激化。学生が中心となり、プラユット首相の辞任や憲法改正の要求に加え、これまでタブーとされてきた王室の改革を求めた。不敬罪のあるタイで公然と王室批判がなされるのは極めて異例で、社会に大きな衝撃を与えた。

新型コロナウイルス感染症がいったん収束した2020年後半は、プラユット首相の辞任や王室改革を求める学生主導の反体制デモが激化した=タイ・バンコク(NNA撮影)

新型コロナウイルス感染症がいったん収束した2020年後半は、プラユット首相の辞任や王室改革を求める学生主導の反体制デモが激化した=タイ・バンコク(NNA撮影)

【第1位】コロナ禍、GDPが22年ぶり2桁マイナス

【第2位】学生主導のデモ、王室改革に踏み込む

【第3位】タイ航空など破綻、入国規制で打撃

【第4位】日系百貨店が相次ぎ撤退、地場小売りは再編

【第5位】入国規制で駐在員混乱、ホテルは隔離に活路

【第6位】自動車生産・販売が低迷、EVシフト前進

【第7位】新常態、ECや食事宅配に追い風

【第8位】経済閣僚めぐる人事、国民の政治不信招く

【第9位】CPTPP加盟見送り、RCEPは署名

【第10位】レジ袋配布停止、グリーンリカバリーも始動

【番外編】ナコンラチャシマ県で兵士が銃乱射


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染1384人、死者3人(19日)(15:56)

ウェアラブル端末、20年の出荷数は47%増(12:21)

テイクオフ:タイ正月前に新型コロナ…(04/19)

18都県を高リスク地域に指定 活動制限を強化、正月で感染拡大(04/19)

市中感染1765人、最多更新続く(18日)(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

ノックエア、再建計画の提出を5月に再延期(04/19)

首都東部―中部間の高速道、4区間別に開発(04/19)

北部チェンコンの物流倉庫、第1期が完成(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン