TSMC、30年に使用電力の25%を再エネに

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、2030年までに台湾の自社工場で消費する電力の25%を再生可能エネルギーとすることを目指す。同社はエネルギー応用に関するKPI(Key Performance Indicator、重要業績評価指数)を複数定めており…

関連国・地域: 台湾米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ギョク太、テスラのサプライヤー入り認める(02/26)

新型コロナ感染者、954人に(02/27)

小売業の売上高が過去最高 1月の商業3業種、卸売も高水準(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

慧栄が竹北で新本部ビル着工、24年に運用(02/26)

聯電が環境用途の社債発行、同社初(02/26)

1月のスマホ販売54万台、前月比2.5%減(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン