• 印刷する

【20年の10大ニュース】スー・チー氏、次期政権へ課題山積

2020年のミャンマーでは、新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、11月に決行された総選挙で、アウン・サン・スー・チー氏が率いる与党・国民民主連盟(NLD)が前回総選挙を上回る地すべり的勝利を収め、来年から5年間の政権継続を決めた。

過去5年の現政権下では、和平交渉の停滞に少数民族政党が不満を高めたほか、後半に上向きとなった経済も政策判断の遅延で期待を超える成果はなかったとの見方が大勢だ。それでも国民が現状維持を選んだのは、軍事政権への逆戻りを拒否したい一念だったといえる。

現政権が定めた経済指針に基づく市場開放や組織改善はようやく緒に就いたところで、課題は多い。新型コロナで打撃を受けた経済の立て直しや貧困層の支援は待ったなしで、いち早く結果を出すことが求められる。民主化や和平進展の障害となっている、与党と国軍の距離を縮めるための歩み寄りも不可欠だ。

新型コロナが国内で拡大する前、少数民族のイベントに参加するスー・チー氏=2月、ヤンゴン(NNA)

新型コロナが国内で拡大する前、少数民族のイベントに参加するスー・チー氏=2月、ヤンゴン(NNA)

【第1位】与党NLD、軍政拒否で前回上回る大勝

【第2位】コロナ猛威、感染12万人で経済打撃

【第3位】イオンモールが進出へ、23年開業

【第4位】新車市場の注目高まる、工場建設も

【第5位】モバイルマネー普及、アリババも参入

【第6位】外国人の株取引開始、ヤンゴン証取

【第7位】ロヒンギャ問題で仮処分命令、非難続く

【第8位】新たな工業団地計画が複数進展

【第9位】電力不足続く、日系が発電所建設へ

【第10位】マスク外交で中国が積極支援

【番外編】アウン・サン将軍の紙幣が復活


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

国軍当局、国連大使を「職権乱用者」と解任(00:21)

ヤンゴンでのデモ制圧強化、166人が拘束(02/27)

デモ取材の日本人ジャーナリスト、一時拘束(02/27)

世銀、ミャンマーへの資金拠出を停止(02/27)

国連大使、特別会合で「国軍の罪」強く非難(02/27)

総選挙の結果は無効、選管が各党に説明(02/26)

新選管、NLD議員の活動に法的措置へ(02/26)

コロナ集会上限が緩和、実質的変化は限定か(02/26)

国際空港での出入国カード、3月から復活(02/26)

マンダレーのデモでの死者、4人に=地元紙(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン