【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(10月) 3カ国で下落、コロナ禍の需要低迷響く

東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の2020年10月の消費者物価指数(CPI)上昇率は、3カ国でマイナスとなった。タイ、マレーシアが8カ月連続でマイナスを記録したほか、シンガポールもマイナスに転換した。新型コロナウイルス禍の需要低迷が背景にある。一方、上昇率…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィス近くの広場で夕…(03/08)

【識者の見方】環境政策に本腰、21年度予算案 政府方針に大きな変化なし(03/08)

1月小売売上高、前年旧正月の反動で低下(03/08)

家族ビザ保有者の就労規制、新興企業が懸念(03/08)

就労ビザの申請資格剝奪、雇用差別で年50社(03/08)

医療従事者の給与、最大14%引き上げ(03/08)

国営電力テナガ、越の太陽光発電に参入(03/08)

20年の輸入差し止め26%増、コロナで通販(03/08)

低所得層の医療費補助、来年にも拡大(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン