【第7位】ロヒンギャ問題で仮処分命令、非難続く

イスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題を巡り、国際司法裁判所(ICJ)が1月、ミャンマー政府に仮処分命令を出し、ジェノサイド(民族大量虐殺)につながる行為全ての停止を求めた。隣国バングラデシュに逃れた難民の帰還は進まず、国際的な非難は収まっていない。 政府…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本の技術で国産ゴマ油製造 世界2位の産地、潜在性を発信(09/21)

軍司令官、少数民族衣装で産業振興を強調(09/21)

豪採掘の鉱山売却、市民団体などが撤回要求(09/21)

マイテル通信塔破壊、契約者70万人に影響(09/21)

調理油の高騰続く、直近3週間で約3%高(09/21)

金鉱石が不足、流通足りず古い装飾品流用も(09/21)

バングラと国境貿易、9月10日までで31%減(09/21)

鉄道への攻撃相次ぐ、ヤンゴンでも連続爆発(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン