• 印刷する

デジタル銀免許、グラブ連合など4者に付与

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は4日、デジタル銀行の営業免許を4者に交付すると発表した。同国の配車サービス大手グラブと通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)が組んだコンソーシアム(企業連合)などが含まれる。

金融サービス全般を提供できるフルバンク免許と、中小企業向けのホールセールバンク(法人向け銀行)免許をそれぞれ2者に交付する。

フルバンク免許は、グラブとシングテルによる企業連合と、シンガポールで創業し、米国で上場したオンラインゲーム会社シー(Sea)の完全子会社の2者に付与する。

ホールセールバンク免許は、中国のグリーンランド・フィナンシャル・ホールディングス・グループ、北京コオペレーティブ・エクイティ・インベストメント・ファンド・マネジメント、香港のリンクロジス香港から成る企業連合と、中国の電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)傘下の金融会社、バ蟻集団(バ=むしへんに馬、アントグループ)の完全子会社の2者に与える。

МASは今後、4者が免許の取得要件を全て満たしているか確認した上で、営業免許を付与する。2022年初頭にデジタル銀行サービスの提供開始を見込む。

デジタル銀行は、実店舗を持たないオンライン専業の銀行。MASは19年に営業免許の申請を受け付け、21者の応募があった。当初は営業を認可する企業を今年6月に発表する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で年末に延期していた。


関連国・地域: 中国香港シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

業界団体と商工会、公正な雇用慣行実現で協力(19:11)

米社が特別会社設立計画、東南ア企業買収へ(19:11)

豪首相、今年中の海外旅行再開に意欲(18:54)

電力SP、重慶エネルギー会社の株式取得(19:11)

シンガポール、公文書認証不要条約に加盟(19:11)

新規感染40人、市中は4人(20日)(19:11)

テイクオフ:今年は2月半ばの春節(…(01/20)

3道県が日本酒の拡販狙う 域内最大市場、試飲企画で(01/20)

航空・海事業界でワクチン接種開始(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン