• 印刷する

《安全》第3波の追跡急ぐ、市中感染見つからず

ベトナム・ホーチミン市の疾病管理センター(HCDC)は、3日午前7時までに、新型コロナウイルスに感染した疑いがある2,244人を検査し、1,632人が陰性だった。「第3波」の早期収束に向けて各機関が対策を急ぐ。保健省によると、3日午後6時時点で、同日に渡航者3人への感染が見つかり、累計1,361人となった。

濃厚接触者612人は検査結果待ち。先月末以降、これまで市中感染が確認されたのは3人となっている。

国内のこれまでの感染者のうち、治癒は1,209人、死者は35人。隔離・経過観察の対象者は1万5,566人。内訳は、病院が164人、隔離施設が1万5,566人、自宅が852人だった。

■外国人専門家の受け入れは継続

グエン・スアン・フック首相は2日、新型コロナ対策の強化に関する決定1699号(1699/QD―TTg)を発出した。各機関に対策を強化するよう命じたが、経済成長の達成に向け、海外からの外国人専門家の受け入れは継続することが盛り込まれている。

一方、7月下旬からの「第2波」で中部から全国に感染が広がった経験がある。1699号では、首都ハノイの検疫施設で受け入れる人数を制限することや、航空便の乗員への検疫も徹底することを求めた。ホーチミン市以外の都市でも、不必要に人が密集するイベントを開催しないよう求める地域が出ている。

ホーチミン市の市中感染は、国営ベトナム航空の乗務員が自宅隔離中に知人と接触したことから始まった。ベトナム航空は2日、謝罪の声明を出している。重大な事件として、責任の所在を追求する向きがある。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クアンビン省、企業誘致を強化 FLCは観光開発に20兆ドン投資(01/25)

ビンファスト、高級と廉価版のEバイク投入(01/25)

ビンファストがEV3モデル発表、今年投入(01/25)

越のビンG、LGスマホ工場の買収検討か(01/25)

ラックフエン港の2埠頭建設、計投省が支持(01/25)

ビナサンタクシー、20年は初の通年赤字(01/25)

バックライト2社、域内外で生産能力を増強(01/25)

HCM市、カンゾー郡に電気バス路線提案(01/25)

不正入国で510人逮捕、中国人が65%(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン