• 印刷する

21年の再エネ価格、洋上風力が大幅引き下げ

台湾の経済部(経済産業省)能源局(エネルギー局)は2日までに、2021年の再生可能エネルギーの買取価格に関する草案を発表した。このうち洋上風力発電の20年間固定買取価格の下げ幅が目立ち、前年から8.6%引き下げ1キロワット時(kWh)当たり4.6568台湾元(約17円)とする。2日付経済日報が伝えた。

洋上風力発電の前半10年と後半10年で買取価格が変わる変動制では、前半10年を8.6%下落の約5.3元、後半10年を7.9%下落の約3.52元とする。

陸上風力発電は発電設備容量30キロワット(kW)以上の場合、0.7~0.8%下げ2.2271~2.3041元。

太陽光発電のうち、屋根設置型は1.5~2.3%引き下げて約3.89~5.62元、地面設置型は3.9%下落の約3.7元、浮体式の水上設置型は3.5%下落の約4.1元とする。太陽光発電はこれまで2期に分けて価格を定めていたが、来年からは統一する。

游振偉・能源局長は引き下げについて「再生可能エネルギー技術が成熟し、初期コストが下がってきたため」と説明した。

一方、小型水力発電は、来年から2,000kW未満と2,000kW以上で価格を分ける。2,000kW未満は3.1683元とし、前年から10.8%引き上げる。2,000kW以上は価格を据え置く。

バイオマス発電や地熱発電なども前年から横ばいに設定した。

能源局は4日に公聴会を開き、業者の意見を聴取した上で年内に買取価格を決定する方針だ。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

新型コロナ、域内感染新たに1人(00:05)

TSMC、21年3兆円弱投資 前年比最大6割増、先端工程強化(01/15)

米シスコ、新北にア太初のソフト開発拠点(01/15)

通信衛星開発に40億元、25年打ち上げ(01/15)

合勤、ノルウェー国営通信と5G網で提携(01/15)

微星、21年のノートPC出荷量は2桁増目標(01/15)

ネクストミーツ、台湾市場で代替肉商品展開(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン