• 印刷する

《日系進出》研修サービスのH&G、上海に合弁

小売・サービス業に特化した研修サービスを手掛けるホスピタリティ&グローイング・ジャパン(H&Gジャパン、東京都新宿区)は1日、上海市に合弁会社を設立したと発表した。2021年に売上高1,000万元(約1億5,900万円)を目指す。

合弁会社は「必熹企業管理諮詢」で、小売業に特化したシステム・ソリューションを提供する地場の上海縁鋭実業と10月2日に設立した。登録資本金は500万元で、出資比率はH&Gジャパンが60%、上海縁鋭実業が40%。小売・サービス業の日系や地場企業に向けて研修サービスを提供する。

H&Gジャパンはコンサルティング会社BCホールディングス(大阪市)の傘下企業。海外では上海のほか、18年12月にタイに地場企業との合弁会社を設けている。


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

今週からワクチン接種開始 印から第1弾、75万人分到着(01/25)

テイクオフ:上海では週末、新型コロ…(01/25)

主要都市で感染報告続く 北京で英変異種、上海は3日連続(01/25)

今年の乗用車販売8%増、業界団体が予測(01/25)

大湾区航空、日本を含む104路線申請(01/25)

「乱収費」対策を強化、全国で取り締まり(01/25)

発明特許の登録数、20年は53万件(01/25)

新エネ産業に投資、100億元基金を設立(01/25)

バックライト2社、域内外で生産能力を増強(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン