• 印刷する

マハティール氏、2月政変の原因は現上級相

マレーシアのマハティール前首相はこのほど、今年2月の政変の原因は、前与党連合・希望連盟(PH)内の最大勢力・人民正義党(PKR)の副党首だったアズミン・アリ現上級相(経済担当)兼貿易産業相が首相の座を狙って離反したことだとの見解を示した。アズミン氏が地元紙に語った、PH崩壊の「真相」に反論した形だ。スターなどが伝えた。

PHが連邦議会下院で過半数を失い政権交代に至ったのは、PH内のアズミン氏を含むPKR反主流派などが統一マレー国民組織(UMNO)といった当時の野党と組み、国王に対して連立政権組み替えを申し立てた、「シェラトン・ムーブ」と称される動きがきっかけ。

アズミン氏は先に地元紙で、「国民同盟(PN)政権の樹立は、マレー人の統合を目指すマハティール氏が言い出したが、同氏が2月24日に突然首相を辞任したことで計画がだめになった。その結果、マハティール氏が首相再指名でムヒディン氏に敗れた」と、PH政権崩壊の真相を語っていた。

マハティール氏はこれに対して、「PNは私の構想ではなく、PKRのアンワル・イブラヒム党首の次期首相就任を阻むためにアズミン氏とムヒディン現首相が仕掛けた策略だった」と反論を展開。「PNが私の計画だとすれば、計画が実現した際に私が拒むわけがない。あの時、PNを受け入れていたら、私は今も首相を務めているだろう」と力説し、アズミン氏が首相の座を狙って離反したことがPH政権崩壊の原因だと主張した。

当時、アズミン氏を含む11人の議員がPKRを離党したことで、PHは下院議席の過半数を割り込み、政権崩壊につながった。マハティール氏によると、アズミン氏はかなり以前からPNの設立を計画していたという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

首都の公園を再度開放、判断を一転(01/15)

サラワク州南西部に活動制限令、感染急増で(01/15)

必須サービスの定義明確化を、消費者団体(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

新規感染3337人、過去最多を更新(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

RM1=25.7円、$1=4.04RM(14日)(01/15)

制限令下で小売16業種は営業可、自主休業も(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン