• 印刷する

三菱ケミカルHD、企業統治強化で新会社

三菱ケミカルホールディングス(HD)は1日、シンガポールに全額出資子会社の三菱ケミカルホールディングスアジアパシフィックを設立したと発表した。アジア太平洋地域でのコーポレートガバナンス(企業統治)を強化するのが狙いだ。

新会社の資本金は150万米ドル(約1億5,600万円)。本社の海外機能分担会社担当執行役付の仙波靖雄氏が社長に就任する。来年1月に事業を本格的に開始する予定だ。

三菱ケミカルホールディングスは、中長期の経営基本戦略の下でグループ全体の内部統制、企業統治の管理体制構築を進めている。欧米、中国では同社としての代表機能、リスク管理、企業統治の確保を担う統括会社を既に設立している。

今回はシンガポールにアジア太平洋地域をカバーする新会社を設立。同地域での企業統治やコンプライアンス(法令順守)といった内部統制を強化する。

アジア太平洋(日本を除く)では、3月末時点でグループ会社210社を置いている。三菱ケミカルホールディングスの広報担当者によると、新会社はこのうち約40社をカバーするという。

三菱ケミカルホールディングスの傘下企業には、三菱ケミカルや田辺三菱製薬、ヘルスケア事業の生命科学インスティテュート、日本酸素ホールディングスがある。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 化学

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ下でシェア事業の需要増 カークラブ、人との接触回避で(01/22)

企業の4割、21年は採用増=人材会社調査(01/22)

島津製作所、PCR検出試薬キットを販売(01/22)

シンガポール航空、コロナ検査予約を試験運用(01/22)

現代自会長、シンガポールのR&D建設視察へ(01/22)

空港利用者数、20年はコロナ禍で83%減(01/22)

SIAエンジ、業務改革の第2弾始動(01/22)

5G振興に23億円拠出、中小企業に助成金(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン