飲食品メーカーの多くが減収 1~9月、即席麺や調味料は堅調

インドネシアの主な飲食品メーカーの1~9月期決算は減収減益が目立った。ただその中で、食品最大手インドフード・スクセス・マクムールは前年同期比で増収増益を確保。新型コロナウイルスの影響による内食需要の拡大で、即席麺や調味料が堅調だった。 インドフードが11月30…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

今年の外国投資は191億ドルに=中銀予測(01/22)

首都警察、年内に交通監視カメラを50台導入(01/22)

2020年はホンダブリオが首位 モデル別販売、キャリイも上昇(01/22)

<資料>20年の日系モデル別自動車生産台数(01/22)

8日まで外国人入国規制、行動規制の延長で(01/22)

政策金利据え置き、今年最初の月例会合で(01/22)

政府投資会社の人事始動、閣僚親族の名も(01/22)

テルコム投資会社、2年でユニコーン輩出へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン