• 印刷する

パティンバン港、3日に車両荷役の試験実施

インドネシア運輸省は、西ジャワ州スバンで円借款により建設中のパティンバン港について、3日に自動車ターミナルで車両荷役業務の試験運用を行う計画を明らかにした。年内に自動車ターミナルで、来年2月か3月にコンテナターミナルで、それぞれ部分供用を開始する。1日付地元各紙が伝えた。

ブディ運輸相によると、先月30日にはパティンバン港の関係者を集め、車両荷役業務に関する机上訓練を実施した。「近く予定している部分供用の開始に向けて、シミュレーションを実施している。机上訓練では、船舶の動きを管理する海洋部門と荷役業務を担う陸上部門の間のコミュニケーション体系を確認した」と述べた。

第1期工事では、完成車の取り扱い能力は年間21万8,000台、コンテナの取り扱い能力は年間25万TEU(20フィートコンテナ換算)を予定する。ブディ運輸相は「パティンバン港の開発事業は2027年までの長期的なものだ。27年にパティンバン港の貨物取り扱い能力は、首都ジャカルタ・タンジュンプリオク港と同規模の約700万TEUに達するだろう」と話した。

運輸省は、パティンバン港の運営事業者を選定する入札の結果を、今月末に発表する目標を示している。同省は10月、入札の事前資格審査の結果について、地場複合企業のCTコープを含む4社が参加するコンソーシアム(共同企業体)だけが通過したと発表した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:改装工事中のサリナ百貨…(01/18)

20年は217億ドルの貿易黒字 内需低迷で輸入減、今年は回復へ(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

無印良品が撤退へ、5月までに全店閉鎖(01/18)

20年の新車販売速報値、前年比48%減少(01/18)

ホンダ四輪販売、前年比47%減の約8万台(01/18)

外国人の入国規制措置、25日まで延長(01/18)

新規感染者1.4万人、4日連続で最多更新(01/18)

国営石油、グリーンディーゼルを試験生産(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン