• 印刷する

ジェットエア、来年夏に運航再開の可能性

破産手続き中のインドの民間航空会社ジェット・エアウェイズは、来年夏までにフルサービスの航空会社として運航を再開する方向で検討している。ビジネス・スタンダード(電子版)が12月1日に伝えた。

ジェット・エアウェイズの破産処理をめぐっては、債権者委員会(COC)が10月に英金融サービス企業のカルロック・キャピタルとアラブ首長国連邦(UAE)の実業家ムラリ・ラル・ジャラン氏が共同で提出した再建案を正式に承認した。現在は、国家会社法法廷(NCLT)の承認を待っている段階だ。同社は今年4月から運航を停止している。

ジェット・エアウェイズは、国内線と国際線の双方の運航再開を目指しているもよう。国際線では、首都ニューデリーや西部ムンバイ、南部ベンガルール(バンガロール)と欧州や西アジアの主要都市を結ぶ路線の運航を検討しているとみられる。関係者によると、既に発着枠の復活など再開に必要な要件について政府と協議を開始しているという。


関連国・地域: インド中東欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の若いユーチューバ…(01/28)

タイヤ業界の利益が改善 20/21年度最大8%増、販売減でも(01/28)

廃車政策、公用車対象に22年4月導入(01/28)

建設やアニメ、政府がFDI規制の緩和検討(01/28)

民間雇用の7割を州民に=ジャルカンド首相(01/28)

CSR規定改正、拠出の透明性と柔軟性強化(01/28)

家電業界、エアコンと冷蔵庫の生産能力増強(01/28)

シャプールジ、北部の住宅事業に40億ルピー(01/28)

建設遅延の住宅件数、首都圏では19万件超(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン