7日ぶり反落、利益確定広がる=香港株式

11月30日の香港株式市場は7営業日ぶりに反落した。連日の上昇による警戒感からの利益確定売りと、米中関係悪化を懸念した米株価指数先物の下落を受け、ハンセン指数は後場に急落した。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前営業日比553.…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者38人、累計9452人(17:31)

新たに50人感染、域内で49人=計9502人(17:31)

制裁対象株除外の方針撤回 最大ETF、「非米国人」理由に(01/15)

新たなコロナ感染者29人、累計9414人(01/15)

ファイザーなどのワクチン、18日に検討会合(01/15)

本年度財政赤字は3630億ドル、英社予測(01/15)

反発、ハンセン指数1年ぶり高値=香港株式(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン