航空業の純損失百億元超へ 今年予測、貨物が一部穴埋め

台湾航空業界の今年の損失額が100億台湾元(約365億円)を超える見通しだ。主要6社のうち、2020年1~9月期に純損失を計上したのは5社で、新型コロナウイルス感染症のまん延に伴い旅客需要が当面戻らないことが確実な中、業界の通年赤字は避けられない流れにある。需要の高まる…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ペガトロン、iPhoneミニの受注3割減か(01/22)

新型コロナ、3人の域内感染を確認(01/23)

コロナ対策の内容・基準を明確化、4段階(01/22)

高雄に半導体材料園区設置へ TSMCなどの増産で需要拡大(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

鴻海と華邦電子、AIの米Kneronに出資(01/22)

仁宝が初の育児製品発表、IoT活用(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン