• 印刷する

グラブ、バリでホンダの電動バイク運用

グラブ・インドネシアはバリで電動バイクの運用を開始した(同社提供)

グラブ・インドネシアはバリで電動バイクの運用を開始した(同社提供)

シンガポール系配車サービス大手グラブ・インドネシアは26日、バリ州で電動バイク30台と、着脱式バッテリー交換所7カ所の運用を開始したと発表した。ホンダとパナソニックなどが国内で実施している実証実験の一環。これによりグラブがインドネシアで運用する電動車は計5,000台に達した。

フードデリバリーサービス「グラブフード」の運転手向けに、ホンダの電動スクーター「PCXエレクトリック」を提供する。国営電力PLNや国営質店プガダイアンが協力する。

ホンダやパナソニックは2019年8月、西ジャワ州バンドン市で電動スクーター用着脱式バッテリーの共用に関する実証研究を始めた。バリ州でも昨年中に開始する予定だったが、新型コロナウイルスの影響などで開始時期がずれ込んだ。当初の実施期間は今年末までだが延長を検討している。ホンダはタイやフィリピンでもPCXエレクトリックを利用した実証実験を行った実績がある。

グラブ・インドネシアはこれまでに現代自動車や台湾二輪車最大手の光陽工業(キムコ)、地場電動バイク「Viar(フィアル)」、電動自転車「SELIS(セリス)」などと提携。運用する電気自動車(EV)や電動バイク、電気自動車、電動キックスケーターを合わせると計5,000台に上る。9月に実施した社内調査では、燃料コストを削減できたことで、電動車を利用するグラブの運転手のうち7割は所得が向上したという。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

EUがWTOにパネル要請、ニッケル禁輸で(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

新規感染者1万1557人、2日連続で最多更新(01/15)

産業相の製造業成長率予測、専門家は疑問視(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

ワクチンで経済正常化、専門家は慎重な見方(01/15)

バリ空港の年末年始利用客数、前年比83%減(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン