• 印刷する

香港との通貨スワップ、規模拡大で5年延長

中国人民銀行(中央銀行)は25日、香港金融管理局(HKMA)との間で通貨交換(スワップ)協定を5年間延長したと発表した。

引出限度額はHKMAが5,000億元(約7兆9,400億円)、人民銀が同規模に相当する5,900億HKドル。従来の4,000億元、4,700億HKドルから拡大した。期間満了後も双方が合意すればさらに延長できる。

通貨スワップ協定は、通貨危機の際に互いの通貨を一定のレートで融通し合う仕組み。人民銀とHKMAは前回、2017年に3年満期で協定を延長していた。

人民銀は香港との通貨スワップについて「中国本土と香港、さらには地域の金融安定に貢献し、本土と香港の間の貿易および投資の利便性を高め、香港のオフショア人民元市場の発展を推進する」と説明している。


関連国・地域: 中国-全国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

MLF金利据え置き、5000億元を供給(01/15)

制裁対象株除外の方針撤回 最大ETF、「非米国人」理由に(01/15)

20年の貿易額が過去最高に 医療、巣ごもり需要で輸出拡大(01/15)

華南日系、日中ビジネス往来「改善望む」(01/15)

商務省の国際貿易交渉代表、3年ぶり任命(01/15)

中国ワクチン、有効性に疑問の声も計画維持(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

20年の中古車取引、3.9%減の1434万台(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン