• 印刷する

26日から外国人労働者170万人にコロナ検査

マレーシア政府は、外国人労働者から新型コロナウイルス感染者が多数出ている事態を踏まえ、外国人労働者170万人に新型コロナの検査を義務付ける。イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)が、26日からスクリーニング検査を開始すると明らかにした。26日付スターなどが伝えた。

検査は第1期として、連邦直轄区のクアラルンプール、ラブアンおよびスランゴール、ペナン、ヌグリスンビランの各州で計88万8,342人を対象に検査を実施する。社会保障機構(SOCSO)は外国人労働者の抗原検査(RTK)に1人当たり60リンギ(約1,500円)を補助する。

同相はまた、外国人労働者の雇用主に対し、早急な感染拡大防止を図る観点から、当局の指示を待たずに検査を受けさせるよう呼び掛けた。今後は外国人労働者に2週間ごとのスクリーニング検査を実施することも検討する。

政府はまた、外国人労働者を過密な場所に居住させた雇用主に対し、労働者1人当たり5万リンギの罰金を科す。

マレーシアでは首都圏を中心に、外国人労働者の間で感染拡大が深刻化している。特にゴム手袋最大手、トップグローブ・コーポレーションでは、25日までに従業員1万1,215人のうち5,795人の検査を終了し、うち2,684人の陽性が確認された。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

空港MAHB、今年の設備投資は4億リンギ(16:19)

ジョ州の新交通、中国製車両到着で走行試験(15:09)

テイクオフ:週末の朝のまどろみを破…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

政策金利、1.75%に据え置き 厳格な制限令の影響短期的と判断(01/21)

新規感染4008人、4日ぶり4千人超(01/21)

RM1=25.7円、$1=4.05RM(20日)(01/21)

アイスタイル、子会社譲渡でマレーシア撤退(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン