• 印刷する

25~44歳の半数以上、コロナで収支均衡困難

英スタンダード・チャータード銀行が25日発表した調査報告によると、台湾のミレニアル世代(1980~2000年前後生まれ)の52%は、「新型コロナウイルス感染症のまん延によって、日常の収支均衡が困難になった」と回答した。世界平均(41%)を上回った。経済日報などが伝えた。

調査は世界12カ国・地域の1万2,000人に実施した。台湾のミレニアル世代の35%は、過去1カ月で借入額が増えたと回答。ただ、49%は現在影響を受けているものの、将来的には資産形成の目標を達成できると答えた。

台湾のミレニアル世代のうち、現在銀行のデジタルサービスやネットバンキングを利用していると回答したのは32%だった。

26%は資産形成の目標達成のため、支出や資産の動きをより詳細に追跡することを望んでおり、このうち29%は、新型コロナウイルスのまん延後にデジタルの資産管理ツールや家計簿アプリの使用を始めた。全体の44%は、向こう3年内に同様のシステムを使用する考えを示した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ペガトロン、iPhoneミニの受注3割減か(12:41)

コロナ対策の内容・基準を明確化、4段階(17:20)

新型コロナ、2人の域内感染を確認(15:48)

高雄に半導体材料園区設置へ TSMCなどの増産で需要拡大(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

鴻海と華邦電子、AIの米Kneronに出資(01/22)

仁宝が初の育児製品発表、IoT活用(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン