• 印刷する

テイクオフ:菅義偉首相が10月に初…

菅義偉首相が10月に初の外遊先としてベトナムとインドネシアを訪問したのは、アジアのニュースを扱う者として身が引き締まる。日本の新聞や通信社で政治記者が1年目に経験するのが「総理番」。NNAで働く前、一度だけ経験したことがある。

首相の出勤から国会、夜の懇談先の料亭までついて回り、誰と会い何を語ったか報じる。移動の際は、首相が乗るセンチュリーを囲むように計4台の黒い高級車が路上を行ったり来たり。狙撃を警戒しているのだろう。警察官が車窓から半身を出し、周囲の車を棒で制止しながら猛スピードで走り抜ける。テレビ画面では見えない、権力のすごみを身近に感じる体験だった。

コロナ禍により国・地域の指導者が感染対策で判断を誤れば悲惨な状況を招くことが明らかになっている。感染拡大で「第3波」到来といわれる日本。指導者が有効に権力を使ってほしいと切に思う。(共)


関連国・地域: ベトナムインドネシア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(01/16)

20年は史上最も暑い年に、世界平均気温(01/15)

マック30年でロシア極東に、ウラジオストク1号店(01/16)

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

21年の日系昇給率2.5%予測 NNA調査、コロナで賃上げ慎重(01/15)

テイクオフ:父が他界した後、実家の…(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン