• 印刷する

テイクオフ:大連の知人が結婚前に住…

大連の知人が結婚前に住んでいた家を売ったと聞いた。今はもう一つの新居があるので、自宅としては既にいらなくなった物件。さぞやまとまった金が入り、懐が暖まったに違いない。景気のいい話だ。

と、思っていたら逆だった。個人で貿易商を営んでいる彼だが、今年の春以降は海外へ仕入れに行けなくなってしまった。しばらくは在庫を売って何とかしのいできたのだが、いよいよそれも底をつき、家計が苦しくなってきたのでやむなく家を手放したのだという。商売が回復する見通しは今のところ立っていない。

内需を柱に海外との連携も促進する経済の「双循環」を掲げる中国だが、新型コロナの影響が最も長引いているのはこうした国際ビジネスを手掛ける中小企業だろう。日中間ではビジネス関係者の往来が30日から再開される。海外との循環が早く元通りになればいい。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジョ州の新交通、中国製車両到着で走行試験(15:09)

テイクオフ:カニカマが好きだ。魚の…(01/21)

20年の輸出受注が過去最高額 1割増の5336億米$、ITけん引(01/21)

「春運」旅客は例年比4割減 当局見通し、帰省自粛を呼びかけ(01/21)

中国主導の繊維工業団地、ザガインに建設へ(01/21)

タイから帰国の労働者感染、77人に(01/21)

自動車メーカーの20年販売、半数以上が目標達成(01/21)

海外からの対中投資、20年は6.2%増(01/21)

企業名登記は自主申告制に、管理規定改正(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン