• 印刷する

日本大使館、ビザ申請に数百人の行列

ベトナム・ハノイの日本大使館(バディン区リエウザイ通り)前に24日、ビザ申請の数百人が長い行列を作った。VNエクスプレスが報じた。

訪日ビザの発給は、新型コロナウイルス拡大の影響で事実上停止されていたが、大使館は20日、政府の「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置」に基づいて例外的に往来を可能にするスキームである短期出張者向け「ビジネストラック」と長期滞在者向け「レジデンストラック」について、新規ビザの申請受け付け再開を発表していた。

大使館によると、◇日本に出張して行う業務連絡や商談、契約調印、会議出席など滞在日数が90日以内の短期商用目的◇企業内転勤や介護、技能実習、特定技能、留学、定住者などの在留資格での就労・長期滞在◇外交・公用――が対象となる。当面、個人での申請は受け付けず、大使館指定の代理申請機関を通じての申請に限られる。

申請の列に並んでいた海外労働派遣会社の男性社員タオさんは、「日本への労働派遣事業に3年間携わっているが、これほどの行列は見たことがない」と話す。タオさんがビザ申請する実習生4人は、今年7月から訪日できない状態が続いているという。

ハノイ郊外ダンフオン郡からバイクタクシーで20キロメートルの道のりをやって来た女性ニュンさんは、ポリ袋3つに多数の申請書類を抱えていた。朝8時に着くと既に100人近く申請者が並んでいたという。

今回の措置でビザ発給を受けた場合でも、日本入国後は自宅などでの14日間の待機や、自宅などへの移動に公共交通機関を使用しないことなどが条件とされる。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

北部で市中感染2人報告、英国型の可能性も(11:50)

コンテナ不足、解消は下期か 運賃高騰、商工省は透明化を要請(01/28)

越の航空貨物サービス、コロナ禍でも堅調(01/28)

ラックミエウ橋の渋滞緩和、フェリー開始(01/28)

ホーチミン市建築資材市場、21年は回復か(01/28)

工業不動産賃料、今年も上昇続く見通し(01/28)

宝飾品大手PNJ、20年は10%減益(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン