• 印刷する

小売業界、今年は6%減収にとどまる見通し

タイの小売・商業施設運営大手ザ・モール・グループのウォララック最高マーケティング責任者(CMO)は、今年の小売業界の売上高予測を前年比7.8%減から6.0%減に上方修正したと明らかにした。政府の消費刺激策が奏功していることが理由。25日付バンコクポストが報じた。

ウォララック氏が指摘した消費刺激策は、政府が国民の生活必需品購入費の半額を補助する「コーペイメント」事業、特定の商品・サービスの代金について3万バーツ(約10万円)を上限に個人所得控除を認める「ショップ・アンド・ペイバック」事業。両事業とも期間は10月23日から年末まで。コーペイメントは、食品・飲料、日用必需品が対象で、補助額は1日150バーツ、期間を通じて総額3,000バーツが上限となっている。

ザ・モール・グループの商業施設では、最初の10日間に買い物客の25%がショップ・アンド・ペイバックを利用した。今後は年末まで販売キャンペーンを行うため、利用率は35%まで拡大するとみている。

同社は、年末年始を中心とする販促キャンペーンに2億5,000万バーツを投じる。前年の4億バーツから大幅に削減する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

市町村レベルの地方選、3月28日に投開票(01/15)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

「BCG経済」を国家目標に 環境重視、産業高度化政策と同列(01/15)

市中感染259人、死者2人(14日)(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

マスクや消毒液の価格統制維持へ、再流行で(01/15)

13人が新規感染、労働者の陽性続く(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン