雇用創出法、21年2月に細則の施行目指す

インドネシア経済調整省のスシウィジョノ秘書官は、11月2日に施行された雇用創出法『2020年第11号』について、44本の細則を作成中で、21年2月2日の施行を目指していると明らかにした。25日付インベストール・デーリーが伝えた。 24日に開かれた「21年の経済展望」と題するオン…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

循環経済導入、GDPを450億ドル押し上げ(15:47)

個人投資家保護、当局は啓発活動を=専門家(16:24)

テイクオフ:日本のSNS上では「不…(01/28)

コロナ対策費、4兆円規模に 当初予算の5割増、前年並に増加(01/28)

イ韓合弁製薬、米投資会社が5500万ドル出資(01/28)

コロナ回復者の血液成分提供、政府呼び掛け(01/28)

法人税優遇、投資未実行で適用取り消しも(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン