サムスン電子、天津のスマホ研究拠点を閉鎖

韓国のサムスン電子は、中国天津市にあるスマートフォン向けの研究開発(R&D)センターを清算したことが明らかになった。人件費の高騰や経営悪化に伴い、サムスンは中国に保有する生産拠点をインドやベトナムに移管しており、R&D拠点も整理することとなった。25日付毎日経済…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者401人、死者数は16人増(12:02)

テイクオフ:韓国で運転免許を取得し…(01/21)

【揺れるサムスン】政経癒着は絶ち切れず サムスントップ実刑の衝撃(中)(01/21)

コロナ感染者404人、死者数は17人増(01/21)

京畿道が1人10万ウォン支給、外国人も対象(01/21)

Thaco、20年は車両1400台輸出(01/21)

ダイキン、韓国で半導体製造用ガス生産(01/21)

韓国ヨンウ、越サムスンに製造設備を供給(01/21)

「利益共有制」、与党が2月に国会提出へ(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン