• 印刷する

労働省、スカイウエー延伸工事中断を命令

フィリピンのマニラ首都圏を南北に結ぶ高速道路「スカイウエー」の延伸事業で21日発生した死亡事故を受け、労働雇用省は23日、工事の中断を命じた。現場周辺だけでなく、事業全体で建設作業を止める。

地元各紙によると、事故現場では作業用のクレーンが建設現場の橋桁に衝突し、橋桁などが下を通る道路に落下。巻き込まれたオートバイの運転手が死亡したほか、6人が負傷した。
労働雇用省が事故調査を開始しており、事業を運営する財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)のラモン・アン社長は、24日からの事情聴取に自社の担当者を出席させると表明した。

警察は22日、クレーンを操縦していた41歳の男を過失致死などの容疑で取り調べた。工事を請け負った建設大手EEIは、クレーンを持ち場に移動させていた際にバランスが崩れ、橋桁に衝突したと説明している。

関係者は中断が指示される前の時点で、事故により来月に予定されていた開通が来年2月にずれ込むとの見通しを示している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

20年GDP9.5%減、コロナで過去最悪(18:10)

テイクオフ:外出や移動を制限されて…(01/28)

検査、入国5日目に義務付け コロナ対策を効率化、2月から(01/28)

コロナ感染新たに2245人、計51万8407人(01/28)

サングレー空港拡張、比中連合の受注撤回(01/28)

20年の輸出10.1%減、新型コロナ打撃(01/28)

鉄道利用者4000万人、20年6~12月(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン