• 印刷する

旅行業界、ビザや国際線再開の日程公表要請

インド旅行業者協会(IATO)は政府に対して、電子ビザ(Eビザ)および観光ビザの再発給と国際線の運航正常化に向けた日程を公表するよう求めている。エコノミック・タイムズ(電子版)などが23日に伝えた。

IATOのサルカル会長は、「政府の計画を旅行業界が前もって把握しておくことで、海外の旅行会社と旅行客にインドが安全な観光目的地であるとアピールできる」とコメント。海外旅行客は3~6カ月前から旅行の予定を立てるため、時宜を得た対応を取らなければ、業者と旅行客は他の目的地を選択し、インドは来年の観光シーズンに商機を逃すことになると訴えた。

サルカル氏はまた、「新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けたにもかかわらず政府から意味のある支援が受けられなかった旅行業界にとって、日程の公表は励みになる」と語った。


関連国・地域: インド
関連業種: サービス観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

20年の住宅販売は半減 10~12月は持ち直し、金利低下で(01/22)

首相、インドにFTA締結の検討を要請(01/22)

米GM、マハ州の工場閉鎖申請却下に抗議(01/22)

配車オラ、工場設置で独シーメンスと提携(01/22)

ピックアップの販売好調、10~12月は17%増(01/22)

アルストム、高速鉄道の信号システム受注(01/22)

ペガトロン、南部チェンナイ近郊で用地確保(01/22)

株価指数、一時初の5万台(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン