AIや5Gで世界をけん引 インターネット大会で成果強調

中国浙江省で23~24日に開催された政府主催による世界インターネット大会で、中国が人工知能(AI)や第5世代(5G)移動通信システムで世界をけん引する実績をアピールしている。AI分野の専利(発明特許、実用新案、意匠権)出願件数は2019年に初めて米国を超過して世界首位…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジョ州の新交通、中国製車両到着で走行試験(15:09)

春節移動のPCR陰性証明、農村部が対象(17:22)

100日間の政策に注目、バイデン大統領就任(17:41)

上海で国内感染3人確認、約2カ月ぶり(17:39)

テイクオフ:カニカマが好きだ。魚の…(01/21)

20年の輸出受注が過去最高額 1割増の5336億米$、ITけん引(01/21)

「春運」旅客は例年比4割減 当局見通し、帰省自粛を呼びかけ(01/21)

中国主導の繊維工業団地、ザガインに建設へ(01/21)

タイから帰国の労働者感染、77人に(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン