経済開発庁の前長官、来年は経済回復困難

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のペルニヤ前長官は、国内経済が来年に新型コロナウイルス流行前の水準まで回復するのは困難との見解を示した。医療体制の脆弱(ぜいじゃく)さや、政府の新型コロナ対策費の少なさを理由に挙げている。24日付マニラブレティンが伝えた。 ペ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年GDP9.5%減、コロナで過去最悪(18:10)

テイクオフ:外出や移動を制限されて…(01/28)

検査、入国5日目に義務付け コロナ対策を効率化、2月から(01/28)

コロナ感染新たに2245人、計51万8407人(01/28)

サングレー空港拡張、比中連合の受注撤回(01/28)

20年の輸出10.1%減、新型コロナ打撃(01/28)

鉄道利用者4000万人、20年6~12月(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン