• 印刷する

豪M&A市場、来年は「スピード」が鍵に

オーストラリアのM&A(合併・買収)市場が自信を取り戻し始める中、株価の変動が激しいことから来年はこれまで以上に買収決定までのスピードが重視されることになる――。法律事務所コーズ・チェンバーズ・ウエストガースが報告書「M&A 2021 Outlook」の中で指摘している。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が伝えた。

国内の企業買収は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年2~5月には大きく落ち込んだが、6~9月には2019年10月~20年1月の水準を上回る規模に回復している。

同法律事務所の法人部門の責任者であるサンディー・マック氏は、オーストラリアの株式市場の株価の変動が早いため、M&Aについても非常に早く動く準備をしなければならないと主張。企業買収の戦略の一つとして、買収対象企業の価値について合意を固めた後に公表することにより、買収に向けた協議が進む中で買収対象の企業の株価が高騰することを防ぐべきだとしている。

2021年に留意すべきもう一つの要素は、買収対象の企業の主要株主と関わりを持つこと。これについてコーズは、地方放送局プライム・メディアの買収を目指していた民放セブン・ウエスト・メディアが主要株主の反対に遭って買収を実現できなかった事例などを挙げている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スーパーのウールワース…(01/20)

家電・レジャー、売上げ絶好調 世帯貯蓄1千億豪ドル(01/20)

鹿島傘下アイコン、メルボで新オフィス開発(01/20)

豪トヨタ、EVは慎重でハイブリッド車注力(01/20)

ACTがNSW一部と往来再開、SAはまだ(01/20)

NSW、ワクチン接種を飲食店入店条件に?(01/20)

物流ロゴス初進出、ス州で複合施設を開発(01/20)

観光・教育界、海外渡航無理なら追加支援を(01/20)

新コロナで専門家不足、インフラ計画遅延か(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン