ロヒンギャ問題、司法当局が捜査状況報告

ミャンマー司法長官府は23日、西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題に関し、政府の独立調査委員会(ICOE)から1月に報告を受けて行った現地での犯罪行為の捜査状況を公表した。司法長官府が国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーを通じて発…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナが企業統治の改善契機 IT化や情報公開が進展=英団体(01/18)

新たな感染491人、減少傾向続く=16日夜(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/18)

商業用不動産の市況が悪化、店内飲食禁止で(01/18)

農業省がダムの増設を検討、雨量減少で(01/18)

水産品輸出額8%減、単価下落で(01/18)

過激派僧侶の支持者、刑務所前で抗議(01/18)

AAのテロ団体解除要請へ、ラカイン州議会(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン