義聯が屏東に「医療園区」、140億元投入

鉄鋼やレジャーなどの事業会社を傘下に置く台湾のコングロマリット、義聯集団(Eユナイテッドグループ)はこのほど、屏東県麟洛郷で広さ20万平方メートル余りの用地を取得したと発表した。140億台湾元(約510億円)を投じて「医療園区」を設け、同県の医療水準を底上げする。経済…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産サービス観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ペガトロン、iPhoneミニの受注3割減か(12:41)

高雄に半導体材料園区設置へ TSMCなどの増産で需要拡大(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

鴻海と華邦電子、AIの米Kneronに出資(01/22)

仁宝が初の育児製品発表、IoT活用(01/22)

聯発科技、5G対応SoCの旗艦製品発表(01/22)

ペガトロン、南部チェンナイ近郊で用地確保(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン