ジャカルタの行動制限、12月6日まで延長

インドネシアの首都ジャカルタ特別州政府は22日夜、新型コロナウイルス対策の「大規模な社会的制限(PSBB)」を緩和する「移行期間」について、12月6日まで延長すると発表した。州内の新規感染者は21日に1,579人を記録し、過去最多を更新していた。 州政府は8日、移行期間を…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のSNS上では「不…(01/28)

コロナ対策費、4兆円規模に 当初予算の5割増、前年並に増加(01/28)

イ韓合弁製薬、米投資会社が5500万ドル出資(01/28)

コロナ回復者の血液成分提供、政府呼び掛け(01/28)

法人税優遇、投資未実行で適用取り消しも(01/28)

デジタル課税、米政府との交渉はWTOへ(01/28)

20年製造業の投資成長率は26%、産業相(01/28)

西ジャワ州、大規模社会制限を州全域へ拡大(01/28)

繊維分野の投資実現額、昨年は2桁の伸び(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン