• 印刷する

テイクオフ:頭が疲れた日は、台北北…

頭が疲れた日は、台北北部の自宅まで歩いて帰ることがある。途中で必ず立ち寄るのが花博公園。自身が初めて仕事で台湾を訪れたのは2010年に開かれた台北国際花博の開幕直前だったと記憶している。花博公園の施設は古くなったが、老弱男女が集まって来るのは今も昔も変わらないように感じる。

台北捷運(MRT)円山駅そばにあり、昔サッカー場だった花博公園の施設の周辺には夜になると、高校生か大学生らしい学生が多くやって来る。彼ら彼女らは好きな音楽を掛け、ダンスに興じる。多い時は大小数十のグループが集まり、なかなか壮観だ。

その脇では中高年のグループが太極拳で剣を振るっていたり、若い女性らがヨガをやっていたり。機材を持ち込んで野外のカラオケ大会を楽しむグループもある。それぞれが好きなことをやっている。そんな自由な空間が何だか楽しい。(崇)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(18:49)

新型コロナ、2人の域内感染を確認(19:43)

TSMC、21年3兆円弱投資 前年比最大6割増、先端工程強化(01/15)

米シスコ、新北にア太初のソフト開発拠点(01/15)

通信衛星開発に40億元、25年打ち上げ(01/15)

合勤、ノルウェー国営通信と5G網で提携(01/15)

微星、21年のノートPC出荷量は2桁増目標(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン