• 印刷する

国民の77%がコロナ懸念、調査対象国で最高

フランスの市場調査大手イプソスがこのほど発表した調査結果によると、新型コロナウイルス感染症を懸念するとの回答がマレーシアは77%と、世界で最も高いことが分かった。感染拡大が深刻な欧米諸国を上回った。

調査は世界28カ国で毎月実施している。マレーシアは500人から回答を得た。10月20日の調査では、新型コロナを懸念するマレーシア人の割合は77%で、世界平均の44%を大きく上回った。2位はイギリス(61%)、3位はスペイン(60%)、4位は韓国(58%)、5位は日本(54%)、6位はインド(53%)、7位はオーストラリア(52%)、8位は米国(46%)だった。

マレーシアの新型コロナへの懸念は、4月に85%、7月に57%、10月に77%と、実際の感染状況にほぼ沿って変動している。

自国の新型コロナへの対応の是非については、9月以降の感染再拡大を背景として、間違った方向に進んでいると感じる人が、9月の33%から10月は40%に上昇。正しい方向とする人は、67%から60%に低下した。

失業への懸念は、4月に43%、7月に51%、10月は48%と高い水準が続いている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クダ州で祭典の休日取り消し、インド系反発(15:10)

21年の新車市場57万台と予測 自動車協会、60万台水準は来年か(01/22)

首都圏などの活動制限令、来月4日まで延長(01/22)

新規感染3170人、KL最多の576人(01/22)

RM1=25.7円、$1=4.03RM(21日)(01/22)

マレーシア航空の債務再編実施、英司法承認(01/22)

ジョ州の新交通、中国製車両到着で走行試験(01/22)

空港MAHB、今年の設備投資は4億リンギ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン