• 印刷する

外国人建設作業員に隔週のコロナ検査検討

マレーシア公共事業省は、建設会社に対し、外国人作業員への2週間に1度の新型コロナウイルス感染症のスワブ検査(鼻腔からの検体検査)を義務付けることを検討している。建設現場や寮での外国人労働者の集団感染が増えているためで、来週までに公聴会を開き、関係者の意見を聞いた上で決定する考えだ。19日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

ファディラ・ユソフ公共事業相が「シンガポールに倣い、(建設業に従事する)外国人労働者に2週間に1度のスワブ検査を義務付けることを検討している」と明らかにした。決定する前には、住宅・地方政府省とともに、業界団体や関係者を集めた公聴会をオンライン形式で開く意向だ。

同相は検査費用が建設会社の負担になることについては、「建設現場や寮で陽性患者が見つかり、現場などが封鎖されれば、損失はより大きくなる」と指摘。また、実施に当たって社会保障機構(SOCSO)が検査費用の一部を負担するよう、人的資源省と協議する考えも示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末の朝のまどろみを破…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

政策金利、1.75%に据え置き 厳格な制限令の影響短期的と判断(01/21)

新規感染4008人、4日ぶり4千人超(01/21)

RM1=25.7円、$1=4.05RM(20日)(01/21)

アイスタイル、子会社譲渡でマレーシア撤退(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

コロナ禍の業務ストレス、世界平均上回る(01/21)

制限令による経済損失は6億リンギ、財務相(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン