• 印刷する

PTTが生命科学事業に投資へ、孫会社設立

タイの国営石油PTTは18日、生命科学事業への投資の支援を目的として、孫会社のインノビック(アジア)を設立すると発表した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、タイ政府が産業高度化政策「タイランド4.0」で定める重点産業「Sカーブ産業」への投資を推進する「新Sカーブ戦略」に基づき、PTTとグループ企業が将来的に実施する医薬品、栄養、医療機器といった生命科学事業への投資の支援を目的にインノビック(アジア)を設立する。当初の登録資本金は3億バーツ(約10億2,600万円)で、PTTの完全子会社PTTグローバル・マネジメントが全額出資する。

PTTはまた、傘下の発電事業会社グローバル・パワー・シナジー(GPSC)の全額出資子会社グローバル・リニューアブル・パワーの株式50%をPTTグローバル・マネジメントを通じて取得する。取得額は6億9,300万バーツで、株式譲渡は来年3月末までに完了する見通し。グローバル・リニューアブル・パワーは、中部ロッブリ県など4県で計9基の太陽光発電所を開発している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品化学その他製造天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

市町村レベルの地方選、3月28日に投開票(01/15)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

「BCG経済」を国家目標に 環境重視、産業高度化政策と同列(01/15)

市中感染259人、死者2人(14日)(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

マスクや消毒液の価格統制維持へ、再流行で(01/15)

13人が新規感染、労働者の陽性続く(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン