• 印刷する

テイクオフ:コックピットからキッチ…

コックピットからキッチンへ――。コロナ禍で解雇されたパイロットの再出発が話題を呼んでいる。

アズリン・モハマド・ザワウィさん(44)は、飛行歴20年以上のベテランパイロット。マレーシア航空をはじめ、複数の航空会社でキャリアを積んできたが、新型コロナウイルス感染症流行の影響で失業。15歳の長男を頭に4人の子どもを持つ父は、生活のため屋台を開くことを決意した。その名も「キャプテン・ストール」。

パイロットの制服をきりりと着こなし、赤いエプロンを身に着けて働く彼の姿はたちまち会員制交流サイト(SNS)で話題に。義母のレシピで作る1品7リンギ(約180円)のカリーミー(カレー麺)やビーフンは味もよいと評判で、1日1,500リンギを売り上げるという。家族を養うためには立ち止まっている暇はないとアズリンさん。彼の奮闘は続く。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の公園を再度開放、判断を一転(01/15)

サラワク州南西部に活動制限令、感染急増で(01/15)

必須サービスの定義明確化を、消費者団体(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

新規感染3337人、過去最多を更新(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

RM1=25.7円、$1=4.04RM(14日)(01/15)

制限令下で小売16業種は営業可、自主休業も(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン