• 印刷する

10月の訪日中国人、99.4%減の4500人

日本政府観光局(JNTO)は18日、10月に日本を訪れた中国人旅行客数が4,500人だったとの推計を発表した。前年同月比99.4%減少した。1~10月の累計は前年同期比87.3%減の103万2,800人だった。

新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、観光客の渡航が実質的に不可能な状況が続いている。11月1日に日本政府による中国人渡航者の上陸拒否が解除されたものの、14日間の隔離やPCR検査、査証(ビザ)の効力停止といった措置は継続されている。また中国から日本への直行便は11月以降も大幅な運休・減便が続く。

10月の訪日外国人旅行客数は、全体で98.9%減の2万7,400人。13カ月連続で前年同月を下回ったが、7カ月ぶりに2万人を超えた。1~10月の累計は85.1%減の400万500人だった。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:カニカマが好きだ。魚の…(01/21)

20年の輸出受注が過去最高額 1割増の5336億米$、ITけん引(01/21)

「春運」旅客は例年比4割減 当局見通し、帰省自粛を呼びかけ(01/21)

中国主導の繊維工業団地、ザガインに建設へ(01/21)

タイから帰国の労働者感染、77人に(01/21)

自動車メーカーの20年販売、半数以上が目標達成(01/21)

海外からの対中投資、20年は6.2%増(01/21)

企業名登記は自主申告制に、管理規定改正(01/21)

国際枠組みに製薬3社、ワクチン供給へ参加申請(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン